看護師資格の一本化

  • 投稿日:
  • by

看護師の資格を取るためには、専門学校や大学などの専門教育機関を卒業する必要があります。現在、日本では、看護師が慢性的に不足しているといわれています。一度看護師として病院などで働いていたものの、結婚などによって退職し、そのまま職場から離れていったという人が多くいるのです。「休眠看護師」と呼ばれる看護師資格保持者たちの職場復帰が推進されようとしているのが、現在の日本の看護師事情なのです。これからも、看護師は多くの需要があり続けるでしょう。

いくら医療技術が進歩しても、薬ひとつで病気や怪我が治るというわけではありません。ある程度以上の怪我、あるいは病気をした時は、病院に入院して治療することが絶対に必要になるのです。だからこそ、看護師という職業が不必要になることなど絶対にないでしょう。

看護師資格は、看護師と、准看護師の2種類があります。資格の種類によって業務内容が大幅に変わる、というわけではなく、どちらの資格でもほとんど同等の看護業務を行うことになります。しかし、給与水準などは准看護師のほうが看護師に劣ります。このような状況は差別的ともいえるため問題になることもあり、将来的には看護師資格の一本化が求められています。